タグ「ワイデックス 補聴器 新製品 セミナー」が付けられているもの

昨日は、デンマークの補聴器メーカー、ワイデックス(WIDEX)さんの
新製品、DREAM のセミナーに参加してきました。



出身メーカー以外のセミナーに参加するのは、スイスのフォナック社に続き、2度目です。(新鮮!)

今回も、様々な学びと、出会いがありました。

少し遅れて、入場したのですが、座った席がこれまた驚き。。。

休憩時間まで、全く気付かなかったのですが、

私の隣には、営業マン時代にお世話になった、京都のお店の社長。

またまた、そのお隣には、これまたお世話になった、今年で創業102周年を迎えられた老舗の専門店のお方。

偶然座った席に、ご縁 を感じました?

休憩時間中には、

ワイデックスの皆さん、同じ奈良の販売店の方含む、ゆかりのある販売店の皆さんとご挨拶できて、
とても有益な時間でした。



そんなわけで、講義やデモンストレーションコーナー以外は、関係者の方との
お話中心で、ろくに写真撮影が出来ておりません(汗)



まずは、私が感じたセミナー全体の印象から。

アンケート調査に基づく、日本の補聴器業界の問題点の解説から始まり、

新製品の登場へと、繋がる流れが、スムーズに頭に入りました。


1、補聴器のハード面(レシーバー、マイク、アンプを総称して)に
  着目するなど、従来とは違った視点から商品開発している点が
  面白い!

2、ユーザー様の、帰宅後フォローアップ含めた、便利で、喜ばれる
  ツールを、日常業務で忙しい販売店にかわり、
  提供しようという、スタンスが熱く伝わってきた。

  ※このブログでも何度か紹介しているこちらのサイト含め、
    ユーザーフレンドリーな印象を強く感じます。

3、赤外線方式のヘッドセットが、参加人数分、あらかじめ用意
  されており、講義中に、着席のままじっくり新製品を試聴
  体験できたのが素晴らしかった。

< 新製品の印象を、一言でいうと >

音や言葉のダイナミックさが、ストレートに伝わる製品、といった印象です。

騒々しい場所では、大きな音=悪 的な印象もありますが、

楽器演奏、スポーツ観戦、映画などでは、音を素直に伝え、迫力を届けないと満足感は得られません。

ダミー人形に装着した、補聴器(DREAM)を通じて聞いた蚊の飛ぶ音、掃除機が動く音。

目をつぶって、試聴したのですが、

音を抑えすぎていないので、音源、位置が、自然につかめるといった感覚。

一番最初に入ってくる段階(=デジタル変換される前)では、音を抑える処理をしないので、

歪もなく、言葉にも影響をあたえることが少ない。

従来のワイデックスの概念に加え、今回の音のダイナミックスさをプラス。

結果、多くの音、言葉が自然に入りやすくなるというもの。

楽しみな新製品が登場しましたね。(※5月20日新発売)

まずは、上位の2クラスのみの発売。 ※その他の機種は、年内を予定との事。

当店でも、お勧めして参りたいと思います。

< お知らせ >

本日ご紹介した、ワイデックスさんも出展される補聴器のイベントが、6月にあります。

【 JAPAN 補聴器フォーラム2013 】

創立25周年を迎えられる日本補聴器販売店協会が主催。
日本耳鼻咽喉科学会、日本補聴器工業会なども後援されています。

場所は、東京・秋葉原。

関東圏以外の方は、遠いですが、日本でも珍しい補聴器イベント
となりますので、機会があれば、ぜひご参加を。

■展示会は入場無料 ※各セミナーは事前登録制

   日時

  6月15日(土) 10:00?17:00
  6月16日(日) 10:00?16:00

詳細は、こちらです。

< 編集後記 >

本日は、ストーリー学ぶシリーズは、お休みします。
(ニュースな話題をタイムリーに、が当ブログのモットーです。)

ご挨拶させていただいた販売店の方から、聞いたお話。

営業マン時代にお世話になった方々数人が、定年で退職されたとのこと。

陽気なみなさんだったので、年齢もあまり感じさせなかったのですが、本当に寂しく感じました。

我々含め、次の世代が、頑張っていかなければ、と改めて思うのでした。

<その他>

本日は、夕方から昨日に引き続き、大阪まで行ってきます。

※累計2万冊以上も読破された、元アマゾンバイヤーの土井英司さんのビジネスセミナーです。

事業は、エラそうな事言っても、継続してナンボ。しっかり学んできます。

< 本日の動画 >

補聴器の調整、自分でもしたいけど。こんな要望を、ユーザーの皆さんから聞いてきました。

簡単に見えますが、やはりプロでないと。。。今日は、調整時に必要な機器についてのお話です。



関わる全ての人々を、補聴器を通じて、よりハッピーに!